how to

無印の「壁に付けられる家具」賃貸でもOK!使い方や取り付け方

こんにちはシンプルなインテリアが好きなYuuです。

壁って面積が広い分、あまり有効活用できてない事が多いのではないでしょうか?

無印の「壁に付けられる家具」は、その問題を簡単に解決してくれる便利な家具です。

Yuu
Yuu
これ取り付けるだけで便利になるかつオシャレになります。

おすすめです。

この記事では、無印の「壁に付けられる家具」をどんな感じで使っているか紹介します。

無印の「壁に付けられる家具」とは

壁に付けられる家具とは、無印良品から販売されている石膏ボードの壁に簡単に専用フックを取り付けて壁面を有効に使える非常に便利でシンプルな家具です。

壁の裏に下地がなくても付属の部品を使って簡単に取り付ける事ができます。

賃貸でもほとんど壁に傷をつける事なく取り付けできる家具です。

ラインナップは豊富

写真:無印良品

ラインナップも非常に豊富で、フックボックスタイプそしてフレームなど多種多様で壁面のインテリアが楽しくなる家具です。

あまりにもシンプルでおしゃれなので全部欲しくなります。

取り付けは非常にシンプル

取り付けも特に大掛かりな工具は必要ありません。

用意したらいいもの

・メジャー

取り付けの時の位置決めでメジャーがあると便利です。

(家具を水平に取り付けるために)

▲専用の取り付けガイド(取扱説明)を、自分が取り付けたい位置に貼り付けます。

▲この用紙を貼り付ける時に僕はメジャーを使って位置決めしました。

この時に左右の取り付け位置がズレると家具を取り付ける時に水平が保てないのでしっかりメジャーで測る事が大切です。

例えば片方の位置を天井から610mmと測って、一度ガイド用紙を貼り付けてもう片方の位置も天井から610mmと合わせると正確に位置決めが可能です。

(床が平行でない場合があるので天井から測った方が上手く行く場合があります。しかし、そのあたりは臨機応変に)

一度、本体を壁にあてて最適な場所をメジャーで測って取り付けると上手くいきます。

そしてガイドをしっかりズレないように壁にテープなどで貼り付けます。

▲その後、ガイドに合わせて専用フック(固定金具)をピンで固定するだけです。

ピンは別途工具を用意する事なし(付属の工具は使います)で押し込むことが可能です。どうしても工具なしで押し込むことができない人は、金づち(100均のもので十分です)などで叩くとすぐに入ります。

▲こんな感じで専用フックが簡単につける事ができます。

▲専用フックを取り付けたら、本体を引っ掛けるだけです。

全く難しくないので女性でも簡単に取り付け可能です。

僕が使っている「壁に付けられる家具」

僕が使っている無印の「壁に付けられる家具」は以下です。

使っている無印の「壁に付けられる家具」

①「 壁に付けられる家具・3連ハンガー」

②「壁に付けられる家具・長押 44cm」

③「壁に付けられる家具・コーナー棚」

④「壁に付けられる家具・棚・幅44cm」

⑤「壁に付けられる家具・アルミ・ミラー」

①壁に付けられる家具・3連ハンガー

フックが3つ付いたものです。

フックは使用しないときは収納できフラットになります。

上部は溝になっていてS字のフックも掛けたりできます。

壁に付けられる家具・3連ハンガー・オーク材 無印良品

②壁に付けられる家具・長押 44cm

壁に付けられる家具・長押の44cmです。

これは非常にシンプルですが、壁にあるのとないのでは便利度が大きく変わります。

▲上部は溝になっていて、溝の奥行きは約3.2cmくらいです。

▲こんな感じでインターフォンの近くに設置していて、僕は出かける時に使う鍵やリップクリームを置いています。

また入り口付近なので無印の照明のリモコンもここに置いています。

フックを掛けることによってエコバックを描けたりできます。

③壁に付けられる家具・コーナー棚

これはコーナーに設置できる家具です。

コーナーはデットスペースになりがちですが、これを設置してダミーの観葉植物を置いています。

④壁に付けられる家具・棚・幅44cm

44センチの棚のタイプです。

トイレットペーパー置きに使っています。

賃貸のトイレは収納が少ないので、これは非常に役立ちます。

⑤壁に付けられる家具・アルミ・ミラー

「壁に付けられる家具・アルミ・ミラー」です。

今の家では洗面とバスが一緒のタイプで使いにくいので鏡を追加しました。

鏡も木製タイプがあるのですが、値段が高いのでアルミタイプにしました。

(2020.1時点ではアルミのタイプは無くなっていました)

これサイズがコンパクトなので壁掛け以外に取り外して使う事が可能です。

取り外すとテーブルなどに置いて使う事もできるので非常に便利な鏡です。

あと、裏面を見てみると分かりますが縦向き横向きの好きな方向に取り付け可能です。

自分は縦向きに取り付けました。

最後に

無印の家具は非常にシンプルだけど機能面も非常に考えられててどんどん無印で揃えたくなってしまいます。

 

今回紹介した「壁に取り付けれる家具」シリーズですが、賃貸など収納が限られている物件では非常に便利な家具です。取り外した後も細いピンで留めてあるので、コークボンドで簡単に埋めれば穴も目立ちません。

 

他のメーカーからも出てますが、細かなデザインなどは無印が一歩リードしているので、やっぱり無印のものを買ってしまいます。

 

基本的に素材は、ナチュラルな「オーク材」と落ち着いた雰囲気の「ウォールナット材」がありますが、自分は無印のスタッキングシェルフがオーク材なので、このナチュラルなタイプに統一しています。

実はオーダーも行っています。