ガジェット

AirPods ProとAirPodsの比較とレビュー

Yuu
Yuu
こんにちはYuuです。

AirPodsを購入してから、iPhoneの音楽ライフが非常にラクになりました。

そんな中、2019年10月末に登場したのがAirPods Proです。

困ったさん
困ったさん
AirPods Proって普通のAirPodsより高いけど何が違うの?
Yuu
Yuu
AirPods Proはさらに快適なイヤフォンに進化したよ
本記事の内容

・AirPods ProとAirPodsの違い

・AirPods Proの付属品と外観

・1ヶ月くらいAirPods Pro使ってみて

良い点と気になる点

このあたりについて書いてみます。

AirPods ProとAirPodsの違い

まず最初にAirPods ProとAirPodsの違いを書いておきます。

AirPods Pro AirPods
イヤフォンの形状 カナル型 インナーイヤー型
装着部分 カスタマイズ可能 ワンサイズ
操作方法 感圧センサー ダブルタップ
H1チップ
ノイズキャンセリング
外部音取り込み
耐汗耐水性能 ●IPX4
Hey Siri
バッテリー駆動時間 最大4.5時間 最大5時間
バッテリー駆動時間

(ケース使用)

24時間以上 24時間以上
充電ケース ワイヤレス充電可能 ワイヤレス充電
または標準の充電ケースが付属
サイズ 30.9×21.8×24.0mm 40.5×16.5×18mm
重さ 5.4g 4g
ケースサイズ 45.2×60.6×21.7mm 53.5×44.3×21.3mm
ケース重さ 45.6g 40g
価格 27,800円(税別) 17,800円(税別)から
AirPods Pro AirPods

・ノイズキャンセリング

・外部音取り込み

・カナル型

・操作は感圧センサー

・耐汗耐水性能

・イヤフォンのデザイン刷新

・価格のUP

僕が実際に使ってみてAirPods ProとAir Podsで特に違いを感じたのが、ノイズキャンセリングと操作方法です。

そのことについては後ほど書いていきます。

AirPods Proの付属品と外観

付属品

  • AirPods Pro 本体
  • Wireless Charging Case
  • シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
  • Lightning – USB-Cケーブル
  • マニュアル

AirPods Proの付属品はこんな感じです。

カナル式になった事で交換式のイヤーチップが付属しています。

AirPods Proの外観

▲ケースは縦型から横型になりました。

▲若干取り出しにくくなったけど、くぼみに指を入れて取り出すとスムーズに出てきます。

▲第2世代と並べるとこんな感じ。

▲カナル型へ

▲交換可能なイヤピース付き

▲第2世代と並べるとこんな感じ。

▲感圧センサーで操作しやすくなりました。

▲Lightningで充電です。type-Cがよかった。

▲でもワイヤレス充電はできます。これは裏面です。

1ヶ月くらいAirPods Pro使ってみて

AirPods Proを使ってよかった点

・ノイズキャンセリング機能がいい

・操作がやりやすい

・外部取り込み音も使える

・デザインが新しくなった

・音漏れが少なくなった

・耐汗耐水性能

①ノイズキャンセリング機能がいい

僕のAirPods Proの購入目的は、普通のAirPodsを使っていてかなり周りの音を取り込む問題を解消したかったからです。

使ってみると、実際にかなり静寂な感じに包まれます。

特に低音っぽい音は消してくれます。例えば換気扇の音やエアコンの音などです。

その辺りの音はほとんど聞こえなくなります。

 

しかし、完全に音を消してくれると言うわけではありません。

高音寄りの音、例えば人の喋り声や電車の音は電子音的な感じになり小さい音になります。

もちろん、ノイズキャンセリングないAirPodsよりかは全然違います。

あわせて読みたい
AirPods Proは耳栓の代わりになるのか?ノイズキャンセリングを試す 今回はAirPods Proのノイズキャンセリングは耳栓として使えるのか試してみます。 AirPods Proは音楽を流さなくても...

②外部取り込み音も使える

AirPods Proはノイズキャンセリングだけでなく、その他に外部音取り込みとオフモードの3つのノイズコントロールが用意されています。

3つのノイズコントロール

・アクティブノイズキャンセリング

・外部音取り込みモード

・オフ

使用中にノイズキャンセリングだけなら音がほとんど聞こえなくなるので、本体やiPhoneから外部音取り込みモードなどに切り替え可能です。

近くにいる人と会話する時などに切り替えると便利です。少し電子音的な感じになりますが、外部音を取り込みながら音楽を聞く事ができます。

③操作がやりやすい

先端軸のくぼんでいるところをタッチすると反応します。

感圧センサーになっていて、ちゃんと押すと「ポチッ」みたいな感じで耳元で音が鳴って反応してくれます。
感覚的にはiPhone7以降のホームボタンをのような雰囲気です。

普通のAirPodsのような反応したか反応してないか分からない事はないので使いやすいです。

▼AirPods Proの使い方は下の記事を参考に

あわせて読みたい
AirPods Proの使い方(ノイズキャンセリング)AirPodsはiPhoneの最高のパートナーだと思っているYuuです。 https://lifestyle-recording.co...

④デザインが新しくなった

▲左がAirPods Pro 右がAirPods

カナル型になりデザインが一新しました。

そして、先端部分も短くなり耳に付けても目立ちにくくなりました。

そして、イヤーチップが交換できるようになりました。

耳のサイズに合わせて3パターンのチップが用意されていて、iPhoneで最適なサイズをテストして教えてくれます。

▲左がAirPods Pro 右がAirPods

ケースは若干大きくなっています。

⑤音漏れが少なくなった

今までのAirPodsはオープン型で音漏れが酷く気になっていましたが、Proはカナル型になり音漏れが減少されています。

この点は非常に気にしていたので助かります。

⑥耐汗耐水性能

AirPods Proには耐汗耐水性能が加わりました。

ランニングや急な雨の中とかくらいなら大丈夫な才能です。

これが加わった事でちょっとした水濡れに気を使わなくて良くなりました。

※ケースは対応していません。

AirPods Proを使って気になった点

AirPods Proを使って気になった点は以下です。

・音質は普通

・ケースが少し大きくなった

・価格はやっぱり高い

(・本体で音量調整できたら尚更良い)

①音質は普通

最初に付けて音楽を聞いた時に感じた事は、ノイズキャンセリングが凄いと感じたのと同時に、「音質」がアレ??ってなりました。

個人的にはノーマルのAirPodsの方がクリアな感じがします。

Proの方が少し籠っている感じがします。

慣れればもう良いかなって感じになりますが笑

②ケースが少し大きくなった

僕は基本的に手ぶらで出かける事が多いので、AirPodsはポケットに入れる事が多いです。

なので少しサイズがアップした事は残念です。

まあ、他のこのクラスのワイヤレスイヤフォンよりは断然小さいですが笑

③価格はやっぱり高い

あと、やっぱり価格は高いですよね笑

④本体で音量調整できたらいい

本体で音量調整できたら尚更いいのですが・・・

音量調整はiPhoneなどの本体からかSiriにお願いするかのどちらかになります。

⑤装着感

装着感ですが、カナル型になりイヤピースと3サイズ用意されて、 iPhone側でテストする事で自分の耳に合ったサイズを選んでくれます。

でも、やっぱり長時間(2時間くらい)連続して使うと、少し耳が痛くなってきます。

そのあたりを考えると手軽なノーマルなAirPodsはラクに音楽を聴けていました。

めちゃくちゃ痛くなるとかじゃないので、あくまでも比較した時に感じるくらいです。

最後に

僕はAirPodsからの買い替えでしたが、電車に乗るときや飛行機に乗る時など外からの雑音が凄く気になっていました。

なのでAirPods Proに買い替えてからは、雑音をほとんど気にする事なく音楽や映画などを見る事ができるようになり非常に満足しています。

あと、カフェとかでも周りの音が聞こえにくくなるので非常に役に立っています。

税込みで3万円を超えますが、僕はトータル的にみてノーマルなAirPodsから買い替えてよかったです。

音質にこだわりがある人は実際に視聴などしてみた方が良いかもです!

あわせて読みたい
AirPods Proは耳栓の代わりになるのか?ノイズキャンセリングを試す 今回はAirPods Proのノイズキャンセリングは耳栓として使えるのか試してみます。 AirPods Proは音楽を流さなくても...
一緒に購入したい物

ケース

あわせて読みたい
AirPods Proのケース おすすめ 薄型でロゴ無しAirPods Proを毎日愛用しているYuuです。 AirPodsは毎日使うアイテムなので、ポケットに入れたりカバンの中に入れている...

ワイヤレス充電