生活家電

【一人暮らし】おすすめの卓上 IH調理器 パナソニック KZ-PH33-K レビュー 2年使った感想

一人暮らしを順調に楽しんでいるYuuです。

今の家に引越ししてから購入した、パナソニックの卓上IH調理器「 KZ-PH33-K」が約2年経ち、これまで使ってきて良かった点や使いにくかった点を書いていきます。

Yuu
Yuu
普段は炒めものやカレー作ったり、冬は鍋を作ったりして使っています。

結論から言うと、卓上のIHを購入して大正解でした。

その理由を紹介していきます。

パナソニックのIH調理器「 KZ-PH33-K」の仕様

パナソニックのIH調理器「 KZ-PH33-K」のスペックを書いておきます。

消費電力 75W相当~1400W
大きさ 本体:幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm
重さ 本体:約2.5kg
コース 加熱コース(75W相当~1400W)
鍋だし作りコース
味しみこみコース(1~5時間)
揚げ物コース(140℃~200℃)
機能 1000Wセーブモード
ワンタッチ とろ火・強火調節ボタン
切タイマー
火力表示(液晶)
運転音(約25dB/約33dB/約38dB)
マグネット式プラグ
山形の7段階火力表示
安全機能 温度過昇防止機能
切り忘れ自動OFF
鍋無し自動OFF
揚げ物そり鍋自動OFF

表だけ見ても初めて買う人からすると何の事か分からないと思います。

僕も購入する前は分かりませんでした。

▼単純に僕がいつも使う機能を書くと以下です。

・火の強さは7段回

・強火がワンタッチ

・タイマー機能付き

・静音な設計

※IHですが火と書いてしまいましたが、表現が分からないので火と書いておきます。

僕のような一人暮らしの料理は、使用しているフライパンなどに熱が伝わって、料理が出来ればまずはOKでしょう。笑

パナソニックのIH調理器「 KZ-PH33-K」の外観

▲外観は至ってシンプルで、操作部分には液晶が搭載されています。

▲火の強さやタイマーの時間や揚げ物モードの時は温度など表示されます。

バックライトはありませんが、まず電気をつけて料理すると思うので無くても大丈夫です。

▲最大1400W、鍋底は最大26cmまでの一つ口のIHです。

フラットで手入れがしやすいです。

▲本体のサイズは幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm。

重さは2.5Kg。

標準的なサイズです。

写真を取り忘れましたが、正面から見て右側に磁石タイプのコンセントプラグが付いています。

パナソニックのIH調理器「 KZ-PH33-K」の良いところ 9

①火を使わないので安心

僕は基本的にめんどくさがり屋で、料理中もその場にずっと居れないタイプです。(本当はダメですよ笑)

IHは火を使わないので、ガスコンロと違って火の事に気を遣う必要が無くなった点がかなり大きなメリットです。

まあ、とにかく火の元の注意はいらなくなりました。(でも、ちゃんと適度に焦げないようにとかはチェックしてます)

②使い方がシンプル

ボタンひとつで、シンプルに火の調整ができる点は便利です。

火を強めるのも弱めるのも、タイマーも全部ボタンひとつでOKです。

③手入れがラク

掃除がラク!その一言です。

以前はガスコンロを使っていましたが、やっぱりコンロの焦げとか定期的に掃除しないとダメでしたが、IHはフラットなトッププレートなのでラクに拭き掃除ができます。

④タイマー機能が便利

カレー作ったり、時間が決められている料理を作る時にタイマーはめちゃくちゃ便利です。

時間が来たら音が鳴り自動で電源OFFになります。

Yuu
Yuu
パスタ茹でるのとか便利です

キッチンタイマーなんて必要ありません。

⑤持ち運びできる

卓上IHなので電源はコンセントプラグです。

コンセントがあればどこでも持って行って使えます。

キッチンだけじゃなく部屋に持ち運んで鍋などもできますよ。

⑥現行品

2年前に購入しましたが、この商品はまだまだパナソニックの卓上IHでは現行品です。

(2020.1時点)

⑦安全機能あり

必要最低限の安全性能は備わっています。

例えば、消し忘れとかあってはならないのですが、万が一の事もあると思いますので、温度過昇防止機能や切り忘れ自動OFFはど備わっています。

まあ、IHは火が出ないので消し忘れとかあるみたいですが、フライパンなど離すと音が鳴り知らせてくれます。

⑧揚げ物などの専用モードあり

僕は基本的に揚げ物はしないのですが、揚げ物などの専用モードがあり温度の調整も可能です。

⑨音は静かです

静音設計と書いてあるので音は静かな方だと思います。

と言うのも、他のIHと比較した事がないので分かりません笑

使用中はファンの音が「ブ〜ン」と鳴っている音は聞こえますが、それより換気扇や炒めている音の方が十分大きいです。

パナソニックのIH調理器「 KZ-PH33-K」の使いにくい点

ガスコンロと比べると火力が弱い点

まあ、これはよく比較される事ですがガスコンロと比べると火力は弱く感じます。

でも一番強い火で調理すると、沸騰とか早いですよ。

めちゃくちゃ、強い火で使うのは沸騰させる時や肉など最初に強火で焼きたい時くらいなので困っていません。

IH専用のフライパンや鍋で

IH対応の鍋やフライパンは当たり前のように販売されているので心配ないと思いますが、一応使えない物もあるので書いておきます。

ちなみに僕は以下のフライパンを使っています。

ティファールの6層コーティングのハードチタニウムのタイプです。

大きさは26cmタイプです。このIHの使える最大の大きさです。

3層タイプのコーティングされたタイプもありますが、コーティングがすぐに剥がれたりしそうなのでこのタイプにしました。

2年間使っていますが、卵焼きなども順調に作れています。

フライパン返しがしにくい

先ほど良い点で書きましたが、フライパンや鍋がプレートと離れると音がなります。

チャーハンなど炒め物でフライパンを振ったりするとその度に音がなります。

音が鳴って長い間離すと自動offになりますが、一瞬ならフライパンを振ってチャーハンなど炒める事は可能です。

最後に

購入当初はガスコンロと迷いましたが、このIHにして全く後悔無しです。

僕みたいに簡単な料理だけする人には、使い方もシンプルで安全でめちゃくちゃおすすめです。

2つ口のタイプとも迷いましたが1つ口で十分です。だって大体の一人暮らしの備え付けのコンロも1つ口じゃないですか。

IH調理器KZ-PH33-Kの良い点

①火を使わないので安心

②使い方がシンプル

③手入れがラク

④タイマー機能が便利

⑤持ち運びできる

⑥現行品

⑦安全機能あり

⑧揚げ物などの専用モードあり

⑨音は静かです

Yuu
Yuu
パナソニックと言う何となく信頼していますし。これは買って良かった調理器具です。

▼一緒に買ったモノ